ブログ

転職をスキルなしでも成功させる方法|20代・30代・40代向け

職業訓練

「転職をしたいけど、スキルが不足しており、就職できるのか不安」

「どうしたら転職を成功させることができるのか、気になっている」

そんなお悩みや不安はありませんか?

不安がある方でも、新しいスキルを習得すれば、就職ができる可能性が高まります!

今回の記事では、20代・30代・40代向けに転職をスキルなしでも成功させる方法を紹介していきます。

年代ごとの転職状況や対策も紹介しますので、ぜひ、最後まで読んでみてください!

ちなみに、最近では完全オンラインかつ受講費無料で受けられる職業訓練があるんです。

完全オンラインの職業訓練の雰囲気をサクッと知るには無料体験講座がおすすめですよ!

↓↓↓以下のバナーから試してみてください!!↓↓↓

eラーニング型職業訓練の体験講座

転職はスキルなしでも実現できる?

結論、転職はスキルなしでもできます!
そもそもですが、スキルを持っていない方はいないはずです。

自分では、気づいていないだけで企業にアピールできるスキルを持っています!

就職活動でアピールできるスキルを紹介してきますね。

コミュニケーション力

コミュニケーション力とは、大きく分けると「伝える力」「聴く力」があります。

伝えることが得意な人は、コミュニケーション力が高いと言われることもあります。

実は、聴く力も重要です。

例えば、周りから「話がわかりやすいね」「気持ちに寄り添って話を聴いてくれるね」など言われたことがある人は、コミュニケーション力が高い可能性もあります。

コミュニケーション力が高い人は、営業職や接客職などがおすすめです。

正確性

正確性とは、ミスをせずに、業務を遂行できるスキルです。

ミスが多いと相手にも迷惑をかけますし、出戻りも多く工数がかかり、ストレスがかかります。

正確性が高い人は、事務職などがおすすめです。

忍耐力

忍耐力とは、辛抱強く耐えることができるスキルです。

忍耐力があれば、企業は長く働いてくれるイメージができるでしょう。

どんな仕事でも忍耐力があれば長く働けると思いますが、クレーム対応をするカスタマーサポートなどもおすすめです。

分析力

分析力とは、情報やデータを収集、理解し、問題の原因を把握し、解決策を導くスキルです。

分析力が高いことで、現状を分析し、解決策を考え、実行することで、業務効率化を進められます。

データ分析のエンジニアなどおすすめです。

また、営業職でも営業データの分析をおこない、戦略立案をするときにも役立つスキルです。

調整力

調整力とは、関係者の置かれている立場や状況を考え、関係者がよりよい納得する着地に持っていき、目的を達成するスキルです。

調整力のスキルが高い方は、円滑に業務やプロジェクトを進められます。

営業職などでも調整力のスキルは活かせるでしょう。

転職市場の年代別傾向と対策

転職市場では、年代別にどのような傾向があるのか、年代別に見ていきましょう。

転職市場では年齢は重要視されますので、自分の年代を確認してみてください。

対策も一緒に紹介していきます。

20代|傾向と対策

20代はスキルがなくて未経験でも転職をしやすい傾向です。

特に20代前半なら、ポテンシャル人材として採用枠があります。

社会人3年未満では、第二新卒扱いで入社ができる企業もあるでしょう。

20代は売り手市場です。
年齢が若ければ、仕事のキャッチアップも早く、すぐに仕事を覚えられます。
変化適応力が高いため、企業も採用がしやすいです。

20代後半になると、ある程度社会人経験も積んでいるため、ポテンシャル人材ではなくなります。

20代前半に比べるとスキルも求められるので、転職は難しくなるでしょう。

20代の転職対策としては、転職活動の準備をしっかりおこない、強みをアピールしていきましょう。

未経験でもやりたい職種や業界のことを勉強して身につけることで、企業に意欲や志望度をアピールできます。

30代|傾向と対策

30代になると、ポテンシャル人材ではなくなります。
即戦力人材として判断されるため、転職難易度が上がります。

そもそも、35歳転職限界説があり、35歳を超えると転職が難しくなると言われていました。

最近では、終身雇用の価値観が崩れたこともあり、即戦力としてなら36歳以上でも転職できる人が増えてきています。

ですが、未経験での転職になると難易度が上がります。

対策としては、志望業界と志望職種を選ぶときに、どちらかは経験があることです。

例えば、製造業の営業職なら、IT業界の営業職といったイメージですね。

業界と職種のどちらも未経験だと、転職のハードルが高くなります。

参考:東洋経済オンライン:「35歳転職限界説」がもはや過去の遺物となった訳

40代|傾向と対策

40代では未経験で転職をすることはかなり難しいでしょう。

即戦力且つマネジメントスキルを求められる年代のため、求人数も減り、企業が求める条件も高くなります。

専門性が高いスキルや経験やマネジメントの経験がないと転職は難しいです。

対策としては、未経験の職種で就職したい場合は、今までの経験に加えて、新しいスキルを身につけましょう。

今までの経験と新しいスキル掛け合わせて、自分ならではの強みをアピールしていくことがおすすめです。

また、求人によっては、年齢を気にしない業界や職種もあるので探してみてください。

例えば、介護職、警備員、清掃員などは年齢不問の求人も多いですね。

60代以上で働いている人もいるため、転職できる可能性は高いです。

転職でスキルがない方向けおすすめ職種

どのような職種なら、スキルがなくても転職ができるのか、気になる人はいると思います。

スキルがない方でも転職がしやすい職種について見ていきましょう。

一般事務職

一般事務職は、パソコンを使って、データ入力、資料作成、契約書の書類対応などをしたり、来客対応、電話対応などをしたりする仕事です。

基本的には、事務仕事はどんな企業でもあります。
ミスなく業務ができる方におすすめです。

仕事内容によっては、社内の人とコミュニケーションをとることもあるので、コミュニケーション力が高い人も活躍できるでしょう。

営業職

営業職とは、お客様のお困りごとを解決する自社商品やサービスを提供し、売上を作る仕事です。

例えば、メーカーやIT企業などの勤務先があります。

営業職といっても、有形商材なのか無形商材なのかや法人向けか個人向けかなどで仕事内容も変わってきます。

営業職の仕事内容にもよりますが、コミュニケーション力が高く、調整力、分析力のスキルがある方にはおすすめです。

カスタマーサポート・コールセンター

カスタマーサポートは商品を購入したお客様からのお問い合わせ対応をしていく仕事です。

コールセンターだと電話対応がほとんどですが、チャットでの対応も増えてきています。

お客様へ誤ったことを伝えるとトラブルにつながることもあるので、正確性も重要視されます。

時にはクレームをいただくこともあるので、忍耐力も必要です。

販売スタッフ

販売スタッフとは、店舗に来店した消費者に商品を販売する仕事です。

例えば、アパレルスタッフ、家電量販店などが勤務先になります。

サービスや商品を販売することがお仕事なので、目標を持つこともあるでしょう。

コミュニケーション力が高く、目標に向かって努力できる方におすすめです。

接客業

接客業とは、お客様のおもてなしをしたり、商品を提供したりする仕事です。

未経験の求人募集も多く、マニュアルも整備されていることが多いので、未経験でも入社しやすいでしょう。

例えば、レストラン、ホテル、コンビニエンスストアなどが勤務先になります。

人と話すことが好きな方やコミュニケーション力が高い方におすすめです。

介護職

介護職は、介護サービスの利用者の生活をサポートする仕事です。

身体介護や食事介助などをおこないます。多くの人と関わり、サポートしていきます。

利用者と関係性を構築することも必要なため、人と話すことが好きな人におすすめです。

令和3年度の「介護労働実態調査」結果によると約7割の事業所が、65歳以上の働き手を雇用しています。

平均年齢は47.7歳になるので、年齢が高くても就職しやすいでしょう。

デザイナー

デザイナーとは、クライアントのご要望にあわせてデザインを考える仕事です。

具体的には雑誌の表紙、レイアウト作成やWebサイトの全体設計やサイト構成などをおこないます。

一人でデザインするイメージもあるかもしれません。

実は、デザイナーはクライアントとのコミュニケーションや調整も多い仕事です。

コミュニケーション力や調整力のスキルがある方にもおすすめです。

転職でスキルなしでも成功させる方法

おすすめ職種を紹介しましたが、どんなことをすれば転職が成功しやすくなるのでしょうか。

スキルに不安でも転職を成功させるコツを紹介します。

職業訓練校でスキルアップをする

一つ目は、職業訓練校に通い、スキルアップをすることです。

職業訓練校では、複数のスキルアップができる教育訓練コースが開講されています。

ハローワークにて認定された方が対象になり、無料で受講ができます。
※テキスト代は一部負担が必要な場合もあり。

例えば、デザイナー、IT職種、OAスキル、Web関連などのコースなどがあります。

訓練受講しスキルを習得することで、転職活動にいかすことができるでしょう。

今までは失業認定されている方のみが対象でしたが、就業中の方でも受講ができるようになりました。

職業訓練校に通学したくても、就業中のため、施設に通うことが難しいという方もいるでしょう。

ジョブトレではeラーニングがあるので、働きながらでもいつでも受講ができ、スキルアップができます。

実際に、ジョブトレで学んだスキルを活かして希望の転職を実現した受講生もいます。

卒業生のインタビュー記事がありますので、ぜひ見てみてくださいね。



自分が職業訓練を受講できるかどうかは、以下の診断チャートからも確認できます。

気になる方はぜひ、以下のリンクから確認してみてください。

受講できるか診断

未経験で応募できる求人を探す

求人の探し方も大切なポイントです。
未経験でも応募ができる求人を探しましょう。

求人票には必須条件が記載されていることが多いので、必須条件を確認してください。

未経験でもOKの求人で気になる求人があったら、応募してみましょう。

自己分析をして目標設定をしよう

転職活動を成功させるには、まずは自己分析をすることが大切です。

ほとんどの企業では履歴書や面接で、志望動機や自己PRを伝える機会があります。

面接時にどのような内容を話せるかが、採用されるかどうかのポイントになります。

自分の経験やスキルについて一度棚卸しをして、自分の強みを考えてみましょう。

自己分析ができていないと、自分の良さをアピールできずに面接も不合格になります。

また、自己分析ができていないと自分の特性などがわからず、入社してもミスマッチが起きます。

早期退職にもつながりますので、自己分析をしてみてくださいね。

自己分析をしたら、転職の目的を決めて、目標を立てて転職活動をしていきましょう。

目標を立てずに、転職活動を進めると、納得のいく転職活動をすることが難しいです。

転職活動を終えるタイミングもわからないまま終わってしまいます。

ハローワークに行くと、キャリアコンサルタントの方に相談することもできます。

最寄りのハローワークに確認してみましょう。

FAQ

さいごによくある質問について3つ紹介します。

転職を決めた人はどんな人ですか?

転職を決めることができる人は、転職の軸が決まっていて、条件にこだわりすぎない人です。

前提として、自分が求めるすべての理想の条件を満たす求人はほとんどありません。

どうしても譲れない条件を考えて、転職活動をしましょう。

また、転職の軸が決まっていないと、内定をもらったときに、判断に悩んでしまいます。

内定をもらってもそのまま現職に残る人も多いです。

転職の軸があれば、ぶれずに転職活動をすることができるので転職の軸を決めましょう。

転職をした方がいい人はどういう人ですか?

転職をする目的が決まっている人です。

現職を退職したいだけですと、後ろ向きな理由なため、採用をしてもらうことは難しいでしょう。

次の転職先で何を実現したいのか考えてみてください。

後ろ向きな理由が転職ではあると思いますが、面接では前向きに話すようにしましょう。

男性と女性で転職するときの注意点はありますか?

基本的には男性・女性で違いはありません。

ただし、女性は年齢によっては、ライフイベントの変化があることで、採用されにくい可能性があります。

産休・育休に入り、中長期で休みが発生すると、企業は他の人を採用する必要があります。

また、退職をされると採用を再度しないといけないため、採用費用と工数の負担が高まるからです。

面接時に就職後も長く働きたい意向を伝えていきましょう。

さいごに:職業訓練校でスキルを身につけて転職を成功させよう

今回の記事では、転職をスキルがなしでも成功させるコツやおすすめ職種を紹介しました。

転職が難しい年代もありますが、転職できる可能性はあります。

スキルに自信がない方も教育訓練を受講し、新しいスキルを身につけることで、転職活動がうまくいく可能性が高まるでしょう。

職業訓練を受講してみたくても、施設へ通うことが難しい方もいると思います。

しかし、eラーニングなら通学をしなくても、在宅での受講ができます。

ジョブトレはeラーニングなので全国どこにいても受講ができることが特徴です。

スキルなしでもスキルアップしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください!

体験講座も受講できるので、以下のリンクからぜひお試しをしてみてくださいね。

eラーニング職業訓練を体験できるバナー
一覧へ戻る

ライター

田中 友佳子

田中 友佳子

Webライター

株式会社ワークキャリアの求職者支援訓練事業「ジョブトレ」にて、SEOメディアの執筆を担当。人材業界のパーソルグループで営業・人事を経験後、教育業界にて営業職に従事。人材・教育業界の経験や知識を活かしながら、読者の疑問を解決できる記事を目指して執筆中。

関連記事